ワインの美味しい楽しみ方

ワインの美味しい楽しみ方トップページへ
  1. ワインの美味しい楽しみ方
  2. 美味しいワインの飲み方
  3. 「サングリア」ワインが苦手でもグイグイ飲める

「サングリア」ワインが苦手でもグイグイ飲める

イタリアンバルなどで人気のサングリア。ワインなのにジュースみたいにぐびぐび飲めちゃう美味しいワインカクテルの作り方。

サングリアとは、ワインから作るフルーツポンチのような見た目の飲み物です。

ワインを甘いサイダーやオレンジジュースなどで割り、そこにオレンジ、レモン、リンゴなど様々なフルーツを漬け込みます。冷蔵庫や氷でよく冷やしてから飲む、デザート感覚のワインです。

甘いジュースみたいに飲める

フルーツポンチのような見た目、安価なワインをおいしく飲むことができることから、海外ではホームパーティーで出されることも多いです。グラスに移しても、見た目がきれいなので、最近は多くのイタリアンバルや居酒屋などで置かれています。

フルーツそのままの味わいで、まるでジュースのような甘さもあり、さまざまなものを混ぜていることからアルコールも薄まるため、お昼からお酒を飲みたいときにもぴったりです。

赤、白、ロゼなどいろいろあるサングリア

サングリアといえば、以前は赤ワインから作るものを指していました。

しかし最近では、白ワインやロゼワインで作ったサングリアを置いている店舗もあります。赤ワインのサングリアとは違った風味が楽しめます。

誰でもできるサングリアの作り方

サングリアは、家庭でも簡単に作ることができます。

麦茶などを水出しで作る際に使うポットや、大きめのガラスやステンレスのボウルがあると作りやすいです。

赤ワインを1本用意し、入れ物に注いだあとは、大き目に切った皮付きのフルーツを何種類か入れ、冷蔵庫で冷やすだけです。シナモンパウダーを2,3振りすると、香りがよくなります。

お好みではちみつを加えたり、ブランデーやラム酒を数滴加えたりしてもおいしくできあがります。使うフルーツは、オレンジやレモンなどの柑橘系が定番ですが、バナナやブドウなどもよく合います。旬のフルーツをお好みで、量はたっぷりがよいでしょう。

残ったフルーツの利用方法

ちなみに、サングリアに使用したフルーツは、すでに甘みが抜けてしまっているため、そのまま食べてもおいしくありません。

ジャムやコンポートなどにして、別の料理として活用できます。