ワインの美味しい楽しみ方

ワインの美味しい楽しみ方トップページへ
  1. ワインの美味しい楽しみ方
  2. 美味しいワインの飲み方
  3. ワインが苦手ならロゼワインから試してみる

ワインが苦手ならロゼワインから試してみる

赤も白もワインは苦手だな…そんな人にはロゼワインがおすすめ。どんな料理にも合うし、ワインが苦手とされる味が感じられません。

ワインというと、変に辛口だったり、渋かったりして、口に合わないとお考えの方は多いと思います。

そんな方には、まずは「ロゼワイン」を試してみてはいかがでしょうか。

ピンク色でとても飲みやすい

ロゼワインとは、ピンク色のワインのことです。

長期熟成をさせずに飲むので、フルーティでさっぱりした口当たりのものがほとんどです。

どんな料理にも合う

味のバリエーションも辛口から甘口まで様々ですので、お好みのタイプで試すことができます。合わせる料理も種類を選ばず、こってりした肉料理や中華料理から、新鮮な野菜や魚、和食など、幅広いジャンルの料理とよく合います。こってりした料理なら、さっぱりした口当たりが、口に残った脂を流してくれます。

鮮度が問われるワインなので、新鮮や野菜や魚と合わせれば、その魅力を引き立ててくれるのです。

日本でも人気が上昇中

これだけ万能なカクテルですが、これまで日本ではそこまで流通量は多くありませんでした。

しかし、昨今のワインブーム再来を受け、国内大手酒販各社も続々とロゼワインを販売するようになりました。また、海外産の上質なロゼワインも手に入りやすくなっています。

ロゼワインは、ボトル本体を冷やして飲む以外にも、氷を入れたり、冷やした炭酸水で割ったりしてもおいしく飲めます。

料理に合わせるにはピンク色の濃さに合わせる

また、同じロゼワインの中でも、濃いピンク色や薄いピンク色、後味がすっきりしたもの、ふくよかな風味のものなど種類があります。料理に合わせる際には、ワインの色に合わせれば失敗はありません。

同じ肉料理でも、しゃぶしゃぶには薄い色のロゼ、ローストビーフには濃い色のロゼ、という組み合わせがよいとされています。