ワインの美味しい楽しみ方

ワインの美味しい楽しみ方トップページへ
  1. ワインの美味しい楽しみ方
  2. 美味しいワインの飲み方
  3. ワインがどうしても苦手なら料理酒として活用する

ワインがどうしても苦手なら料理酒として活用する

ワインがどうしても苦手で飲めない、余ってしまう。ならそれを高級な料理酒として使いましょう。いつもの料理の味がガラッと変わりますよ。

ワインの風味が、どうしても嫌!と拒むあなた、ならば料理酒として使いましょう。

なにせワインにはポリフェノールがたっぷり、毎日脂っこい肉料理を食べるフランス人の心臓病患者が少ないのも、ワインのおかげともいわれるくらい、ワインは体にいいのです。

こんな体にいいものを、利用しない手はありません。

料理酒としてもよい働きをするワインですので、積極的に取り入れましょう。

赤ワインの料理酒としての活用方法

たとえば、赤ワインならビーフシチューやタンシチューなど、肉を煮込むときに使うと、より深いコクを引き出すことができます。

その他、肉やイワシやサバなどの青魚を、調理する前に赤ワインに漬けておくと、独特の臭みを緩和することができるほか、素材を柔らかくする効果もあります。

普段、和食に使う料理酒は日本酒がほとんどですが、このような効果が期待できるワインも、積極的に使いたいものですね。

白ワインの料理酒としての活用方法

白ワインであれば、白身魚、あさりやはまぐりなどの魚介類の蒸し物をするときに使うとよいでしょう。

酒蒸しをしたとき、ふわっとたちこめる日本酒の香りもいいですが、日本酒ほど甘くならず、香りも立ちにくい白ワインの蒸し物もおいしいですよ。

白ワインを水代わりにまるごと1本、シチューを作るときに入れると、ワインの香りと、いつもよりさっぱりした味わいが楽しめます。チーズフォンデュに入れても、同様の効果が期待できそうです。

料理には料理用ではないワインがおすすめ

ワインは、料理に香りや酸味や色をつけたり、コクや風味を引き出したり、匂いを消したり、やわらかくしたりといったさまざまな効果を持っています。上手に料理に活用すれば、料理のバリエーションを広げられますね。

ちなみに、料理に使うときは、料理用のものではなく、一般的なワインにしましょう。飲んでもおいしいワインは、料理に使ってもおいしいのです。

今は低価格で質のいいワインがたくさんありますので、飲んでもおいしいワインを料理に使いましょう。