ワインの美味しい楽しみ方

ワインの美味しい楽しみ方トップページへ
  1. ワインの美味しい楽しみ方
  2. 美味しいワインの飲み方
  3. 「スプリッツァー」白ワインが苦手でもおいしく飲めるカクテル

「スプリッツァー」白ワインが苦手でもおいしく飲めるカクテル

ワインが苦手だな~と思うあなたも、少しの工夫でおしゃれで美味しいカクテルになります。おすすめはスプリッツァーです。

最近は昔と違い、海外産のおいしいワインを、驚くほど安価に手に入れることができるようになりました。

しかし、ワインの独特の後味が苦手、という方も多いようです。今回はワインが苦手な方でも、おいしく飲めるカクテルの作り方をご紹介いたします。

スプリッツァーとは

比較的渋味の少ない白ワインを使ったお手軽カクテルです。

用意するものは白ワインと炭酸水。甘めが好きな方は、サイダーでもよいでしょう。

グラスは「コリンズグラス」と呼ばれる長細いグラスを使用すると、簡単にステア(混ぜる)することができます。ない場合は、どんなグラスでも構いません。グラスと材料は事前に冷蔵庫で冷やしておきましょう。

作り方

まずはグラスに氷を8分目まで入れ、マドラーや柄の長いスプーンで混ぜましょう。

氷でグラスの内側まで冷やします。用意できる場合は、バースプーンを使用すると、より混ぜやすいです。

一番上の氷を回すようにすると、氷全体が回るため、うまく冷やすことができます。

回したあとは、グラスを傾け、グラスに溜まった水を捨てます。水が溜まったままだと、あとから入れるワインが薄まってしまいます。

次に、白ワインをグラスの半分程度まで注ぎます。

そして、炭酸水を優しく注ぎます。

炭酸水を注いだあとは、炭酸の刺激が好きな方は、ステアせずにそのまま。本来は炭酸の勢いで、ある程度お酒と炭酸が混ざるのですが、あまり刺激がお好みでない方は、何回かステアしてもおいしく召し上がれます。

最後に、レモンの皮を薄く切ったものを絞り、そのままグラスに沈めて完成です。お好みで、レモンをライムに変えてもおいしく召し上がれます。