ワインの美味しい楽しみ方

ワインの美味しい楽しみ方トップページへ
  1. ワインの美味しい楽しみ方
  2. ワインの種類
  3. 食前酒・食後酒としてのワイン

食前酒・食後酒としてのワイン

ワインは食後酒、食後酒として楽しまれることもあります。それぞれ飲まれる種類があります。少し知っておくとより食事が楽しめますよ。

「食前酒」食事をよりおいしくしてくれるのが食事前のワインです。

食前酒(アベリティフ)とは、食事の前に楽しむお酒で、のどを潤し、食欲を増進させる役割があります。

食前酒として飲まれるワインの種類

食前酒としてよく飲まれるのはシェリーや酒精強化ワイン、スパーリングワインなどがあります。

この酒精強化ワインは甘味があるのが多く、ワインは食後に飲まれることが多いのですが、食前酒としても人気があります。

またシャンパーニュウを始め、スパーリングワインは、食前酒として楽しんだ後に、そのまま食中酒として通すこともできます。

さらに白ワインや、スパーリングワインを使用したワインベースのカクテルや果物をワインに漬け込んだサングリアなども人気があります。

食前酒の種類としては、酒精強化ワイン、発泡性ワイン、ワインベースのカクテルなどがあります。

食後酒として飲まれるワインの種類

「食後酒」食後には甘口のワインを飲むことで、物足りない気持ちを補ってくれます。また、食後に楽しむ食後酒(ディジェスティブ)には、消化を助ける役目があります。

一般的にはコニャックやウイスキーを選択することが多いのですが、ワインも良く飲まれています。

特にフランスでは、食後酒として甘口ワインが飲まれています。

ソーテルヌなどの貴腐ワインや、ポートワインなどの酒精強化ワインが好まれているようです。これにはデザートからの流れで、甘口ワインを飲み、ディナーの余韻に浸るという意味合いもあるのでしょう。

食後酒の種類は、貴腐ワイン、アイスワイン、酒精強化ワインなどあります。