正しいBBQ・バーベキューの仕方

正しいBBQ・バーベキューの仕方トップページへ
  1. 正しいBBQ・バーベキューの仕方
  2. 子どもとBBQ
  3. 子供と一緒にバーベキューするときに注意したい事

子供と一緒にバーベキューするときに注意したい事

子ども自主性を大きく育てるバーベキュー。でも最低限のことは厳格に守らせるようにしましょう。

野外で走りまわったり、少々騒いだところで怒られる心配もないバーベキューは子供たちも大好きです。お父さん、お母さんにとっても楽しい時間が過ごせますね。

でも、お子様連れのバーベキューでは注意したいポイントがいくつかあります。

危ない!目を離すな!

ひとつめは、「子供から目を離さないこと」です。

バーベキューエリアにもよりますが、川辺などでは特に注意が必要です。思いも寄らない行動に出たり、好奇心からずっと遠くまで言ってしまったりしますから、子供の姿が親の目の届く範囲にいる事を常に確かめましょう。

また、安全そうな公園などのエリアでも、他の人たちが行っているバーベキューに近づいたりしないよう最初によく言い聞かせましょう。

ふざけさせない!火は危ないと教える

もうひとつは、「火の回りでは暴れない・ふざけない」ことです。

コンロは周囲が高温になります。鉄板の端に触れただけでもやけどをします。また、周囲でふざけていると、洋服が触れて火がついたりする危険もあります。

火は危険なものである事を教えるいいチャンスでもあるので、「火の回りでは遊ばない」ときちんと約束をしましょう。

同時に、せっかく広々としたアウトドアで親子でバーベキューを楽しむ時間に、あれこれ細かく指示ばかりしたり、ずっと怒っていたのでは子供もバーベキューが嫌いになってしまいます。

絶対に守るべき事は最初に親子できちんと話し合い、約束をし、その後はなるたけ子供の自主性に任せてあげたいですね。

自然とのふれあいや、環境に配慮する事、火をおこしたりする体験、料理を作る事、こうした事を通して、お子さんが自然と地球に対する感謝の気持ちを持てるように見守ってあげて下さい。