正しいBBQ・バーベキューの仕方

正しいBBQ・バーベキューの仕方トップページへ
  1. 正しいBBQ・バーベキューの仕方
  2. BBQの食材
  3. 焼き肉スタイルのバーベキュー

焼き肉スタイルのバーベキュー

バーベキューも焼肉として考えればお手軽であまり考えなくて済みます。焼肉スタイルのBBQについて紹介します。

バーベキューといえば、まず思い浮かぶのは「焼き肉」ですね。実際にスーパーなどで購入した焼き肉用のお肉をタレに漬けて持参し、鉄板で焼いて食べる、というのが一番多いかもしれません。

牛肉以外も用意してみよう

バーベキューで焼き肉をやるなら、まず、肉を数種類用意することをおすすめします。

牛肉だけを選ぶ人も多いのですが、せっかくですからぜひ、鶏肉や豚肉も用意してみてください。特に鶏手羽などは軽く塩こしょうをふって焼くだけで、香ばしくジューシーな美味しさでビールにとてもよく合います。

タレも工夫しよう

また、タレも少し工夫してみてはどうでしょうか。市販のタレに食べるラー油を混ぜたり、豆板醤を加えてピリ辛にするとおいしいですよ。

また、ポン酢を用意すると、さっぱりとして飽きません。

お野菜は下ごしらえしとくと便利

焼き肉バーベキューでも、もちろんお野菜は不可欠です。

かぼちゃやサツマイモなどもおいしいのですが、これは軽くレンジでチンしてから持ってくるとすぐに焼けて助かります。季節ならトウモロコシははずせません。トウモロコシも家で茹でてから持って行ったほうが失敗がありません。焦げ目がついたら醤油を塗ると周囲にも香ばしい匂いが流れてきます!

きのこ類はホイルにのせて、バタをのせて包み焼きにするとうまくいきますよ。タマネギやピーマンなども用意しましょう。

焼肉スタイルBBQのまとめ

鉄板焼きスタイルのバーベキューは皆さんおなじみですし、失敗も少ないので初心者には最適です。

コツは2~3種類のタレを用意すること、肉の種類を増やすこと(牛肉オンリーではなく、鶏肉なども用意する。あるいはカルビとロースなど部位をいろいろと用意する)、野菜は必要なものは下ごしらえをしておくこと、そしてできれば、洗っただけのキャベツと味噌、野菜スティック、お漬け物など、口直しになり、すぐに食べられる「さっぱりしたもの」を持参して下さい。

ジュウジュウ焼きたてのお肉の合間に、冷たく、口の中がさっぱりするこうした「ちょっとした箸休め」は好評です。

焼き肉スタイルなら、ぜひシメは焼きそばで!

焼きそばも粉末ソースのついた生麺セットを選べばとても簡単です。シーフードなどを焼くなら、焼きそばにイカのゲソやエビなどを混ぜてもいいし、桜えびなどの乾物を用意しておくと味に深みがでます。