正しいBBQ・バーベキューの仕方

正しいBBQ・バーベキューの仕方トップページへ
  1. 正しいBBQ・バーベキューの仕方
  2. BBQの工夫
  3. パーティーとしての「バーベキュー」を楽しむ

パーティーとしての「バーベキュー」を楽しむ

バーベキューパーティーというと大袈裟な気がしませんか?パーティーの一部にバーベキューを取り入れる気軽なBBQを楽しみましょう!

バーベキューとはアウトドアでやる焼き肉パーティー、と思っている人も多いかもしれません。

しかし、焼き肉とバーベキューは「屋内でやるのと外でやる」だけの違いではありません。決定的な違いは、焼き肉というのはホットプレートにしろ、焼き肉屋さんにしろ、鉄板を囲んで「焼きながら食べる」事で、バーベキューは「焼いたものを食べる」事です。

バーベキューは焼くだけじゃない?

欧米のバーベキューは、「肉を食べる」事だけではなく、パーティーとしての目的がある事が多いのです。おいしくお肉を食べたり、ビールを飲んだりする事だけでなく、そのバーベキューには、集まる目的があります。

簡単に言うと、お肉を焼く事以外にも「イベント」として楽しもうという姿勢が強いという事ですね。

ですから、バーベキューの場合は、「焼く」だけでなく、レストランのようにセッティングにこだわったり、おいしいワインを飲む会だったり、誰かがギターを持参し歌を唄うだとか、ゲームをするとか、あるいは、結婚のお祝いとして友人が催したり、両親の誕生日を祝ってバーベキューをしたりと、「パーティー」のひとつとして行われる事が多いのです。

もっと気楽にパーティーをしてみようよ

日本では、忘年会や新年会がありますが、欧米の人はとにかくパーティーが好きです。ホームパーティーは日常的に行われ、それも知り合いだけでなく、いろいろな人が交じって、一種の「異業種交流会」のように出会いを楽しむ会になります。

パーティーに対する概念というか、考え方が違うわけですが、時にはこうした「パーティー」としてのバーベキューを催すのも楽しいのではないでしょうか。

こんなパーティーBBQはいかが?

子供たちの為に特別なイベントを用意してみるのもいいでしょう。誰かの誕生日なら、内緒で大きなケーキを準備したらきっと楽しいでしょう。ご夫婦なら、妻と夫、それぞれが友人を招待して新しい出会いの場を提供するのもワクワクしますね。

お肉も、大きな塊肉を焼いたり、「豪勢に伊勢エビを楽しもう!」とメイン食材を決めたり、流しそうめんをやってみたり、考えれば、いろいろなイベントが作れると思います。

バーベキューそのものが「イベント」であり、肉を焼けば楽しいのはその通りなのですが、こうした「パーティーのひとつ」としてのバーベキュースタイルも、そろそろ日本に定着してもいい頃ではないでしょうか。