正しいBBQ・バーベキューの仕方

正しいBBQ・バーベキューの仕方トップページへ
  1. 正しいBBQ・バーベキューの仕方
  2. BBQの準備
  3. バーベキューに誘われたら、何を着ればいいの?

バーベキューに誘われたら、何を着ればいいの?

バーベキューは服装なんて何でもいいと思っていませんか?あまり簡単にし過ぎると後悔することになります。BBQに向いた服装をお伝えします。

はじめてアウトドアのバーベキューに招待されると、意外と「どんな格好で行けばいいのかな」と悩む人がたくさんいるそうです。

まさか、アウトドアにドレス姿やスーツで行くつもりの人はいないでしょうが、「カジュアル」と言われても「実際にはどんな程度のカジュアル?」と悩んでしまうのかもしれませんね。

バーベキューもやる場所によって、格好も当然違ってきます。河原と都心の公園のバーベキューエリアでは洋服の選択も変わってくるでしょう。

動きやすさを優先しよう

ただ、基本的には、「動きやすい格好」です。

男性なら、ジーンズやチノパンにTシャツやネルシャツなど、足元はスニーカーですね。女性もパンツスタイルの方が気楽でしょうし、足元もスニーカーか少なくともローヒールの靴でしょう。夏場で、整えられた都心部のバーベキューエリアならクロックスなども大丈夫です。

白の服はおすすめできない

失敗しがちなのは、「真っ白の服」です。

とにかくバーベキューは汚れます。準備やセッティングをやらなくてもタレのついた焼き肉をほおばったり、飲み物をこぼすのは日常茶飯事ですから、シミが目立つような全身白い洋服は避けたほうが無難です。

あまり薄着は見た目もよくないことがある

男女問わず、夏場でもキャミソールやタンクトップ一枚というのは、避けた方がいいですね。だいたい、公園にせよ河原にせよ、虫なども多いですし、そもそも「セクシー」なスタイルが似合う場所でもありません。

男性のタンクトップから、わき毛や胸毛が思いっきり見えているのも、やはりどうかなと思いますし。また、料理したり、設営の手伝いをしたり、かがんだり、立ったりするたびに、女性のキャミソールから胸元がのぞくのも、周囲の女性はあまり良い印象はしないでしょうね。

女性は長い丈のスカートはジャージの生地だったりジーンズ素材であっても、やはり動きにくいのでやめたほうがいいのではと思います。また、ひらひらした裾や袖口は、あおられた火に焼ける心配もあります。

寒暖の差に対応できる脱ぎ着できる服がおすすめ

また、野外は寒暖の差が大きいものです。上にはおるものや、脱ぎ着ができるものを選びましょう。Tシャツの上にラフなシャツなどを重ね着して、そこから季節に合わせて調節していくのがいいのではないでしょうか。

着替えがあるとなおさらGood!

ちなみにお子さんがいる場合には、着替えは必ず1組用意しましょう。河原などでなくても、水遊びをしたり、準備で濡れてしまったりする事はよくあります。できれば、靴下まで用意した方が安心です。そして帽子を忘れないようにしましょう。

また、突然の雨にふられることもないとは言えません。少しでも天気があやしい時にはレインコートまでいかなくても、雨にぬれても平気な上着を持っていくと安心です。特に山間部などでは雨具の準備は必要です。